毎日使っているトイレ、きれいに保っていますか?

 

 

普段は気にならなくても、ふとした時に汚れが気になり、便器の外側や手の届くところは掃除していても、特に便器の淵の裏の汚れや水のたまる部分は掃除していないという方も意外と多いのではないでしょうか?

 

トイレの中のがんこな黄ばみは普通にこすったところで、落ちないので「しかたない」と諦めている方もきっと多いはず。

 

また、そういった部分は見た目だけではなく、汚れが溜まると不快な臭いも発するため、やはり何とか解決したいですね。

 

今回は、その便器の内側にこびりついた黄色い部分、尿石と言われているものですが、このがんこな汚れを落とす方法をいくつかご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

 

トイレの見える部分、便器の外側や中などは毎日掃除している方もいらっしゃると思いますが、便器の淵の内側部分は見えないこともあって、特に気にかけない方も多いのではないでしょうか?

 

来客がある時などは、特に気になってしまいますので、できればいつもキレイに清潔に保っていたいですよね。

 

なんとなく黄色の頑固な汚れが目につき、「あれ!?」みたいなことがあるのですが、そこにこびりついているのが尿石です。

 

尿石はどんどん尿が付着し、石のように固まったような状態で残念ながら簡単には落ちてくれません。

 

この尿石を落とすには何か特別な方法、洗剤など必要なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

どんな方法で落とせるの?

 

この尿石を通常のトイレの洗剤などで落とそうと思われた方もたくさんいらっしゃると思いますが、試した方はおわかりになると思いますが、ほんとに簡単に落ちてくれない曲者ですよね。

 

この尿石を落とす方法はいくつかあります。今回、その3種類をご紹介します。

 

1. サンドペーパーを使って、こすり落とす方法

 

これは、ホームセンターなどで購入できる耐水性のサンドペーパーで、汚れの部分をこすって落とします

 

ただ、この方法で気になるのは、便器を言わばヤスリで削ることになるなので、細かい傷ができてしまうかもしれないということと、水が溜まる便器の底に使う場合は、予め水を抜いて乾かしておく必要があります。

 

とても簡単な方法で、これでも汚れは結構取れます。実際に使用するときは、手や指を傷つけないように、ビニール手袋の上から軍手をはめて行うことをおすすめします。

 

2. クエン酸と重曹を使って落とす

 

これも費用的にとても安価ですし、手軽にできる方法です。

 

まず、汚れの気になるところにクエン酸をかけます。そしてそのクエン酸をかけた部分に重曹をのせます。そうすると化学反応でシュワシュワと泡のようになって、尿石が分解されていきます。最後にトイレの水を流して、スポンジなどで汚れを取ります。

 

便器内の底に水が溜まっている箇所には1の方法と同じように、水をあらかじめ抜いてから、同様に行います。

 

3. 専用の洗剤で汚れを落とす

 

専用の洗剤で落とす場合のおすすめ洗剤は私も使って驚いた「キバミおちーる」です。

 

なんともユニークな商品名ですが、とてもいい仕事をしてくれるのでいろんな人に進めて、リピート遣いをしています。

 

(画像をクリックすると商品説明にリンクします。)

 

汚れを何とかしたいと思ったときにどの洗剤がいいかわからず、市販のドラッグストアで売っているようなものを使ってみたのですが、なかなか解決しなくて困り、ほとんど諦めていました。

 

そんな時に見つけたのが、この「キバミおちーる」という洗剤です。

 

使ってみて、その洗浄力、汚れの落ち方に感動しました。

 

使い方はとても簡単で、

1.汚れを落としたい場所、とくに便器の内側に液体をかけて、30~40分ほど放置します。

2.放置した後、ブラシでやさしくこすりながら水を流すとあっという間に汚れがきれいに落ちます。

 

今まで苦労して落とせなかったのが、ふつうに落とせたのでびっくりしました。

 

説明書きには30~40分とありますが、ここだけの話、使うときはちょっと長めにいつも夜寝る前や半日くらい家を空けるときに使っています。

 

そうすると、心なしかもっときれいになった気がします(笑)。また、使うと汚れだけでなくやはり消臭もできるので助かります。

 

上記のすべての方法で、便器の底など水が溜まっているところを掃除する場合は、その部分の水を予め取っておく必要があります。水を取る場合は、石油用のポンプなどがおすすめです。

 

 

こちらの価格は2~3回分で300mlで約900円(送料別)程しますので、もう少し抑えたいという場合は、1番、2番の方法でまず試さるといいと思います。

 

どの方法をされる場合も必ずビニール手袋など手を保護して、体に液体などがつかないように、自己責任の下、取り扱いには必ず注意してください。

 

また、あまりにも汚れがひどかったり、ご自分でしたくないというときは、トイレ掃除の業者さんにお願いする方法もありますね。

 

 

最近では専門業者も増えてきているようですので、参考までに問い合わせをして聞いてみるのもいいですね。

 

少々費用はかかってしまいますが、その分、プロなのでピカピカになるのは間違いないと思います。

 

まとめ

 

トイレは毎日使用する場所ですし、やっぱりきれいなほうが気持ちいい!後々苦労しないためにも毎日少しずつ掃除をして、汚れをためないことが大事ですね。

 

また、水回りのキッチンやトイレの掃除をすることは金運アップにもなると風水では言われていますので、ぜひ、予算にあった方法で試して、きれいなトイレ空間を保ちましょう。

 

もしかすると、金運アップも期待できるかもしれませんよ!

 

スポンサーリンク