ここ数年、優れた栄養効果があるとしてテレビなどでもよく紹介されている人気の野菜、ブロッコリースプラウト。

 

そんなブロッコリースプラウトを食べるとき、洗ってもいいのか、茶色の種は食べれるのかといった疑問がありませんか?

 

今回は、そんなブロッコリースプラウトの使い方や食べ方、根や種は?といった疑問や、食べる前に洗うのか?また効果的に食べる方法、頻度を保存方法や賞味期限と一緒にご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ブロッコリースプラウトとブロッコリーの違いは?

 

ブロッコリースプラウトという名前から、ブロッコリーと関わりがありそうですが、ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。ただ、そのまま育ててブロッコリーになることはないようです。

 

また、よく似たカイワレ大根とは同じではなく、その違いはかいわれ大根は大根の発芽芽です。また、カイワレ大根は辛いですが、ブロッコリースプラウトにはほとんど辛みはありません。

 

ブロッコリースプラウトは非常に栄養価が高く、特にここ最近注目されている野菜で、スーパーに行くと品薄や売り切れだったり、売ってないこともあるほどです。

 

特にスルフォラファンというフィトケミカルが含まれているのですが、この成分は体内の毒素を無毒化し、がんの予防花粉症の予防、ピロリ菌の除去など、体の健康を維持するために重要な役割を果してくれます。

 

ブロッコリースプラウトの詳しい栄養や効果効能についてはこちらをご覧ください。

⇒ ブロッコリースプラウトの効果、量はどれくらい食べると効果的?がんの予防に大注目!

 

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方は?

 

がんの予防や生活習慣病の予防など様々な効果が期待できるブロッコリースプラウトですが、効果的に食べるにはどのような点に注意すればいいのでしょうか?

 

いくつか気をつけたい点がありますので、一つずつ見てみましょう。

✅ ブロッコリースプラウトに含まれるミロシナーゼという成分が熱に弱いので、加熱することで酵素が壊れてしまいます。そのため、生で食べるのが一番です。

 

✅ スルフォラファンによる効果は、体内で約3日間は持続すると言われています。そのため毎日食べてもいいのですが、食べる量や頻度は3日に1回程の摂取でも効果は十分に得られます。

 

✅ スルフォラファンが酵素と反応し、その効果を発揮するためには細胞がしっかりと壊される必要があります。ですので、しっかりとよく噛んで食べることが大事です。また細かく刻むのも効果があるとあるテレビ番組Xで紹介されていました。スムージーにするというのもおすすめです。

 

ブロッコリースプラウトは生で食べることができるので、野菜の持つ栄養素や酵素をそのまま破壊することなく、体内に取り込めるのも嬉しいですね。

 

私もこれまで毎日のように食べていたのですが、3日に 1回でいいと知り、最近は少し間を置いて、もちろんしっかり噛んで食べるように心がけています。

 

1日の摂取量は7g~13gほどで、20g入っているものだと、1週間2,3パック食べるのが効果的です。

 

ちょっと気を許すと、ほとんど噛まずに食べていることがあるので、あなたもぜひ噛むことを心がけて摂取してみてください。

 

ブロッコリースプラウトの使い方は加熱をせずに生食がいいので、サンドイッチやサラダなどの料理に使うのがいいですね。

 

加熱ではなく、できあがった味噌汁に添えたりといった食べ方でもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

ブロッコリースプラウトの食べ方、洗う?種は食べれる?

 

ブロッコリースプラウトは根元についている茶色の種が気になりませんか?

 

この種は食べれるのか疑問に思う方も多いと思いますが、この種には殺菌剤や発芽促進剤がコーティングされていることもあるそうですので、やはりできれば食べるのを避けるために、きれいにとったほうがよさそうです。種を取るために一度洗います。

 

種の取り方、洗い方は、流水で流してしまうと食べれる部分も流れてしまいそうなので、ボウルに水を張り、根っこが付いたままスプラウトの根の部分を持って逆さにし、葉と茎を水につけてゆらゆらゆすって洗います。すると茶色の種が浮かんできて、簡単に除去できます。

 

根元の切り方は、根元部分ぎりぎりのスポンジ部分を切り落とせば、OKです。ちなみに切った後のスポンジで繰り返し育てようとしても、ほとんど育たないそうですよ。

 

ブロッコリースプラウトの保存方法は?

 

ブロッコリースプラウトは賞味期限や消費期限はありませんが、冷蔵庫で1週間ほど日持ちします。

 

保存方法は容器に入ったままで冷蔵庫のできれば野菜室で保存します。放置していると茎の部分が変色し、異臭もしてきて腐るので、早めに食べてしまいましょう。

 

また、ブロッコリースプラウトは冷凍保存できますが、解凍するとどうしても水分がでてきてしまうので、生食はあまりおすすめではありません。冷凍する場合は洗って、水気をよく切って冷凍します。

 

使い方は凍ったまま解凍せずに、ミキサーにかけてスープやジュースにするのがおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、ブロッコリースプラウトの食べ方についてご紹介しましたが、ブロッコリースプラウトは生で食べたほうがいいと知り、むしろ手軽に食べれるのでちょっとうれしいですよね。

 

値段も100円から200円ほどですので、3日に1度、よく噛んで食べるだけで効果があるのであれば、継続的に摂取していきたいですね。

 

スポンサーリンク