まだ置いていないスーパーもちらほら見られますが、日本ではスーパーに並んで流通し始めたのも記憶に新しいズッキーニ、頻繁に使う食材ではないので、使い方や食べ方にとまどったりしませんか?

 

今回は、今回はそんなズッキーニの使い方、食べ方と5つのおすすめレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ズッキーニとは?使い方、皮や種は?

 

ズッキーニの旬は6月から9月で、日本のスーパーで販売されているズッキーニはきゅうりを少し太らせたような長い形で、色は濃緑、深い緑色黄色のものがあります。色は違いますが、味はどちらも同じです。

 

実は、私たちが知っている長細いズッキーニの他にも、丸い形のズッキーニなどいろんな品種・種類のものがあります。下の画像がその丸型のズッキーニです。ころんとしたとってもかわいい形をしていますね。

 

画像引用

 

この丸型のズッキーニを使って、西欧では中をくり抜いたものに、肉詰めをしてオーブンで焼いたり、なんと揚げたりといった調理方法もあります。

 

ズッキーニの選び方は、大きすぎるものは味が落ちるので、なるべく直径が3~4㎝のものを選びましょう。また、切り口が新しいものが新鮮でおすすめです。古くなると、中に巣ができてスカスカになって、おいしくないので、やはり新しいものを選びたいですね。

 

ズッキーニは冷凍もできる?保存期間や選び方はこちらもぜひ確認してみてください。

⇒ ズッキーニの保存方法、冷凍や保存期間は?常温や切ったときは?干すと長持ち?

 

使い方としては、きゅうりと似ているので、きゅうりと同じように食べるのかな?と思いがちですよね。

 

ズッキーニは皮もおいしく食べられるので、剥かずにそのままにして、少し厚めの輪切り乱切りにしたりして使います。種も気にならず、そのまま食べることができます。

 

冒頭でもお話ししたようにズッキーニは日本で流通し始めたのはまだ最近で、和食に使われることがなかった野菜でしたが、西欧料理韓国料理では非常によく使われている食材です。

 

まだまだ食べ方もご存知ない方も多いと思いますが、実はかなり使い勝手のいい野菜で、様々な料理法で使えて、特に炒め物や煮物に最適です。また、ピクルスやマリネにも使うことができます。

 

また、海外では生で食べれるようですが、日本で流通しているズッキーニは生食用ではなく加熱して使うのが一般的で、焼き物や揚げ物、スープやパスタなどにも使えます。

 

油と相性が非常にいいので、トマトと一緒にオリーブオイルと炒めたりするととてもおいしいです。フランスの定番煮込み料理、ラタトゥイユは日本でも人気のレシピで簡単に作れてちょっと大きいズッキーニもたくさん使えるのでこちらもおすすめです。

 

ちなみに、イタリア料理では、ズッキーニの花も食べるそうです。花の中にチーズやお肉を詰めて、フリットにして揚げたり蒸したりして食べるようですよ。

 

そのズッキーニのお花がこちら ⇓ きれいな黄色い大きなお花ですね!

http://blog.100seeds.net/?eid=1275992
画像引用

 

そしてこちらが、お花がしぼんだ状態。下にはしっかりズッキーニがくっついていますね。

画像引用

 

そしてお料理にするとこちら!おいしそうですよね!

http://ameblo.jp/pari3/theme-10003715467.html
画像引用

 

スポンサーリンク

 

ズッキーニの下ごしらえは?

 

ズッキーニの下ごしらえは基本、それほどアクもないので、そのまま調理して食べることもできますが、ちょっとひと手間かけるとよりおいしくなります。

 

まず、ズッキーニはきれいに洗ってへたの部分とお尻の先端を切り落とします。食べる大きさにカットしてお塩を少々振り20~30分ほど放置します。キッチンペーパーで余分な水分やあくがでてくるので拭き取り、炒め物や煮物に使います。

 

そのまま食べるのもいいですが、下処理をすると味がしまって、また違った味や食感が楽しめますよ。

 

ズッキーニはカリウムなどの栄養を含んでいます。ズッキーニの栄養価や効果効能はこちらをご覧ください。

⇒ ズッキーニの栄養や効能、効果的な食べ方は炒め料理!栄養はない?

 

ズッキーニのおいしい食べ方、おすすめレシピ!

 

ズッキーニは味もそれほどなく淡白ですが、その代わり歯ごたえがしっかりしている食材です。また、先ほどあった通り、油と相性のよい食材ですので、油で炒めたり天ぷらなどにして揚げたりすると、香りが出て美味しくなります。

 

また、煮込んで料理にするときも、そのまま煮るのではなく、煮込む前に軽く油で炒めてから煮込むとおいしく仕上がります。さっと茹でて、オリーブオイルと塩で絡めてサラダとして食べてもおいしいですよ。

 

他にも、ソーセージやハム、ベーコンなどと一緒に油で炒めて食べてもおいしく、ほんのすこし塩を入れて味付けをするだけで素材の味が一番よく分かっておいしく食べられます。

 

ここでは、ズッキーニを使った料理、おいしく食べる5つの人気のレシピをご紹介します。

 

ズッキーニとジャガイモの醤油ドレマリネ

出典:https://cookpad.com/recipe/407383

ズッキーニとジャガイモの醤油ドレマリネ

 

ズッキーニを炒めて、ジャガイモは茹でるか電子レンジで加熱します。あとはしょうゆベースのドレッシングで混ぜるという簡単レシピです。クックパッドで人気のズッキーニレシピです。意外ですが、ズッキーニは醤油ともなかなか相性がいいですよ。

 

★ズッキーニdeツナ味噌チ~ズ焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/2237279

★ズッキーニdeツナ味噌チ~ズ焼き

 

ズッキーニの中をくりぬきます。みじん切りにしたズッキーニとセロリ、ツナをお味噌などで炒めます。ズッキーニの中に炒めたものを入れてチーズをトッピングしてオーブンで焼きます。一見すごく手が込んでそうですが、実際にはそれほどでもありません。醤油に引き続き、味噌とは意外な組み合わせですが、こちらも人気のレシピです。

 

ズッキーニのベーコンチーズ焼き♥

https://cookpad.com/recipe/845115

ズッキーニのベーコンチーズ焼き♥

 

ズッキーニにベーコンとチーズをのせて、オーブントースターで焼く簡単レシピです。パンに乗せて食べたりしてもおいしそうですし、ピザの具材としても使えそうです。お弁当やビールのおつまみにも最高ですね!

 

簡単なズッキーニレシピ! 

出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1960003409/

簡単なズッキーニレシピ!

 

ズッキーニとベーコンがあれば作れる簡単レシピです。ズッキーニとベーコンを交互に並べて塩コショウをして、オーブンで色づくまで焼けば完成です。ベーコンの塩味とズッキーニの淡白な味が何とも言えない、お子さんにも人気の一品です。

 

直伝ズッキーニのジョン

出典: https://cookpad.com/recipe/1865445?mobile_conversion_id=203

直伝ズッキーニのジョン

 

こちらは私もよく作る韓国料理の「ジョン」と言うもので、卵を絡めて焼いたもので、ズッキーニと一緒に韓国料理で多用するスパムなどでも作ります。ズッキーニの味をそのまま味わえて、何といっても美味しいのでぜひ試してみてください。

 

意外といろんな使い方ができるズッキーニですが、スライスしたものをチーズと一緒に豚肉や牛肉で巻いて、衣をつけてあげてもおいしいですよ。また、茹でるというか、煮る感じですが、私はよく韓国料理の味噌チゲ(テンジャンチゲ)を作るのですが、チゲにも韓国ではよく使います。

 

まとめ

 

今回はズッキーニの食べ方についてご紹介しましたが、きゅうりに似すぎて、きゅうりと同じように生で食べると思っていた方が多いのではないかと思いますが、全く使い方や料理方法は異なります。

 

炒めたり、煮たり、揚げたりといろんな使い方や調理法があり1本あるとパパッとおかずが一品作れるズッキーニ、ぜひ、あなたもいろんな食べ方でズッキーニを味わってみてください。 

 

スポンサーリンク