牛乳を飲み忘れて気が付いたら賞味期限が切れていた!なんてことありませんか?

 

そんな時、賞味期限が切れたけど飲んでも大丈夫?といった疑問がわいてきますよね。

 

今回は牛乳の賞味期限切れ、開封後や未開封はいつまで飲めるのか、また料理やそれ以外の使い道・活用法などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

飲めない牛乳の見分け方

 

賞味期限切れの牛乳、飲んでも大丈夫かなと思ったときは、まず、牛乳がどんな状態か確認しますよね。ここでは飲めない腐っている状態の見分け方を見ておきましょう。

 

下痢や体調を崩す危険があり、安全性に問題があるためもし、牛乳が次のような状態だったら、潔く処分してしまいましょう。

 異臭、酸っぱいにおいがする

✖ なめると苦い、または酸っぱい

 黄色く変色している

 液体ではなく、固まってきている。またはドロドロしている

 分離したり、白いツブツブができている

 加熱するとができる

 

ちなみに、加熱した時の新鮮な牛乳は、温めた時に固まることなく表面にうすい幕がはります。また、常温など温度が高いところで放置しても雑菌が繁殖して腐る原因になるので必ず冷蔵庫で保存しましょう。

 

チェックして変わった状態ではなかったら、未開封、開封済みの牛乳はいつごろまで飲めのか、見ていきましょう。

 

牛乳の賞味期限切れ、未開封の場合は?

 

賞味期限とは、その「期限まではおいしく飲める」という期限で、牛乳の製造過程やメーカーによって異なりますが、スーパーに陳列され始めた日からだいたい1週間から10日ほどとなっています。意外と長持ちしますよね。

 

一方、消費期限は「その日までが安全に食べられる期限」で、これはお肉や魚などの生鮮類に使われます。

 

開封前で賞味期限が2、3日過ぎた場合

牛乳には下記の通り、「10℃以下で保存してください」 と牛乳パックに表示されていますので、常温ではなく冷蔵庫で正しく保存している場合、1日切れたくらいならほぼ問題なく飲めそうです。2日、3日ほど過ぎてもおそらく問題はないと思われます。

 

photo by 暮らしにいいこと

 

わが家では、2日、3日過ぎたものだと、主に紅茶やコーヒーに入れたり、ホットミルクにして加熱して飲んでいます。これまで体調を崩したことはないですが、特に夏場は生でのむのは控えています。

 

おなかが弱かったり、下痢や腹痛が気になる方は、ご自身の体質に合わせて飲むのは避けたほうがよさそうですね。

 

開封前で1週間過ぎた場合

開封前で1週間過ぎた場合は、冷蔵庫で保存していても少し心配です。お腹が弱い方は飲まないことをおすすめします。

 

1週間過ぎたものを加熱したり料理に入れて使ったことがありますが、こちらは特に健康被害はありませんでした。

 

ただ、捨ててしまうのはもったいないので、後程ご紹介するお料理以外の使い道で使ってみてください。

 

未開封で2週間以上過ぎた場合

2週間以上過ぎたものは、体への健康被害が考えられますので飲まずに、こちらも捨てるのはもったいないので、食べる以外の目的で使いましょう。

 

さすがに2週間以上すぎたものは飲んだことがないのですが、体に悪いと考えられるので料理以外で使ったほうがいいですね。

 

開封後はいつまで飲めるの?

 

冷蔵庫で保存していても開封することで殺菌が入りやすく、細菌も繁殖しやすくなります。ですので、賞味期限がかなり先でも早めに、遅くとも4,5日中に飲み切ることをおすすめします。

 

また、牛乳パックに口をつけて飲むのは細菌が繁殖する原因となるので厳禁です。直接飲まず、必ずコップに入れて飲みましょう。

 

開封済み、2,3日がベスト

賞味期限内に開封したら、たとえ賞味期限が1週間先でも、できれば2、3日以内に飲み切るのが、おいしく飲める期限です。

 

牛乳のパックには下記のように、何日以内に消費する、という表示はありませんが、早めに飲んだほうが味はもちろん、何より安心して飲めますよね。

photo by 暮らしにいいこと

 

開封後1週間過ぎた場合

賞味期限内に開封し、たとえ賞味期限が1週間先でも、開けてから1週間過ぎた場合は、前述の牛乳の状態を気にしたほうがいいですね。

 

冷蔵庫で保存しているならおそらく大丈夫だとは思いますが、私も時々開封後1週間くらい経過しているものを飲んだり、お料理に入れたりしています。健康被害は今のところありませんが、個人の体調や体質にもよりますので、自己責任の下、判断はしっかりしましょう。

 

開封済み、10日以上過ぎた場合

開封後、10日以上過ぎた場合は、まだ腐っていないかもしれませんが、後にご紹介する方法でお掃除などに使うことをおすすめします。

 

開封した牛乳を冷蔵庫に入れたまま10日間ほど留守にし、その牛乳を紅茶に入れてのみましたが、正直おいしくなかったです。腐ってはいないのですが若干臭いがしました。開封後1週間以上経過すると腐っていなかったとしても味は確実に変わっています。

 

もし迷ったら、潔く諦めましょう無理して飲んで体を壊したり、後で心配になってストレスになるよりは気持ちも楽ですよ。

 

納豆も賞味期限が気になりませんか?賞味期限ぎりぎりが実は一番おいしいと言われている納豆の賞味期限についてはこちらをご覧ください。

⇒ 納豆の賞味期限切れ、1週間、10日、2週間、いつまでなら大丈夫?

 

スポンサーリンク

 

飲む以外にお料理での使い道は?

 

まだ、大丈夫そうだけど、飲むのはちょっとという時は、カレーやシチューなどの煮込み料理に使うのもおすすめです。牛乳を入れることで、そのお料理にコクがでてまろやかになります。

 

ただ、お料理に使う場合、たくさん入れ過ぎるとその料理の味が変わってしまうので、大さじ1杯など少量ずつ味見しながら味を調えていきましょう。

 

わが家の少し古くなった牛乳の活用法は、ポタージュスープやココアなどを、水の代わりに牛乳で作ります。水よりも牛乳で作ったほうがこっくり仕上がりおいしいですし、体を温めてくれる感じがして、寒い冬には特におすすめです。

 

古くなった牛乳の使い道は?

 

賞味期限が過ぎてしまった古い牛乳、腐敗していなければそのまま捨ててしまうのももったいない、何か他に使い道があると大助かりです。

 

簡単に使えて役立つ方法が2つありましたのでご紹介します。

 

まず1つ目は、

 フローリングを磨際に使う

 

いつもは水、またはお湯でぞうきんを絞ると思いますが、そこに牛乳を加えて拭くことで牛乳に含まれる脂肪分で床がピカピカになります。このときの使用量はバケツ1杯に牛乳150mlくらいです。

 

特に磨いた後、乾拭きをしておくとより一層、ピカピカになります!磨きすぎて、滑ってしまうこともあるのでお子さんのいるご家庭はご注意くださいね。

 

2つ目は、

☑ お風呂に入れる

 

バスタブにお湯を張った湯船に、牛乳500ml~1000mlを入れます。牛乳パックの1本~2本ですので、大量消費できますね。

 

入浴剤代わりに牛乳を使うことで、肌がしっとりとする美容効果も期待できます。ただ、においが気になるかもしれないので、お風呂上りはお湯できれいに流しましょう。

 

また、入り終わった後のバスタブは臭いや汚れの原因になるため、なるべく早く掃除しておきましょう。

 

賞味期限から1ヶ月など、あまりにも日数が立っている場合は、においもかなり変わっているので使えないかもしれませんが、2週間くらいならお掃除やお風呂で使ってみるのもいいですね。

 

賞味期限が切れた油、食べるのはちょっとという時、素敵な使い道があります。油の賞味期限切れの疑問はこちらをご覧ください。

⇒ 賞味期限切れの油、未開封は使って大丈夫?使い道や捨て方は?

 

まとめ

 

牛乳はしっかりと冷蔵保存していて未開封だと期限が切れていても2-3日は問題なく飲めそうですね。また、少し過ぎてしまった場合も加熱して使ったり、お掃除やお風呂にも使えることがわかっりました。

 

賞味期限が切れていたり、開封後日数が経過しているものは、必ず使う前に臭いや見た目できちんと確認し、自己責任の下、判断しましょう。

 

特にカルシウムが豊富で歯や骨を丈夫にする働きがあり栄養豊富で健康にいい牛乳も新鮮なほうが栄養価も高く、体にいいので、賞味期限が切れる前にできるだけ計画的に使うようにしたいですね。

 

スポンサーリンク